今すぐレバナスで資産を増やしたい方はこちら→レバナス始め方ガイド

太陽は惑星を引き連れて銀河を公転している〜秒速230kmの旅路

太陽の公転
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 投資ブログ 資産形成へ にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
目次

太陽は銀河系を移動している

太陽は決して止まっているわけではありません、猛スピードで銀河の中を飛び回っています

当然地球はもちろんのこと、惑星や小惑星を引き連れて。

まずはこちらをご覧ください。かっこ良すぎでしょう、これが現実イメージです。

この後さらにすごい動画を紹介しますが、まずはこの動画を簡単に解説しておきます。

と言っても、非常に美麗に描かれているためイメージし易いと思います。

私たちの住む地球を始め、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、そして今は惑星から外された冥王星、その他多くの小惑星達は太陽の周りを公転していることが知られています。

そしてその中心に鎮座している太陽もまた、天の川銀河の中を物凄い速度で移動し続けているのです。

その速度、実に秒速230km

従って、地球は移動中の太陽の周りを周回しているため、それ以上の速度で螺旋運動をしていることになります。

太陽系の銀河内の公転の様子

それを表した動画が上で見て頂いたものです。

その地球を周回する月は、さらにとんでもないアクロバティックな動きをしていることは想像に難くありません。

因みに、天の川銀河自体も膨張を続ける宇宙空間を超高速で移動し続けていますので、その壮大さはもはや人知の及ぶレベルでは無いですね。

この動画を見て魔貫光殺砲を思い出したのは私だけではないはず。。。

太陽系の螺旋運動

さて、今一度、太陽系の動きに戻ってさらにその詳細を見てみましょう。

太陽系は天の川銀河の辺縁部を旋回しながら進んでいます。

それを俯瞰して見てみると、惑星は螺旋に螺旋を重ねたスーパーコイル状の運動です。

言葉では分かりにくいと思いますので、また美麗なグラフィックでイメージしてみて下さい。

銀河を旋回する太陽系の真の姿

太陽は『太陽風』と呼ばれる超高温のプラズマを周囲に発生していて、その荷電粒子が存在する圏内を太陽圏と呼びます。

太陽圏外からの影響から我々を守ってくれるようなその太陽圏の存在もグラフィック中に描かれています。

太陽系は2万6,000年かけて1旋回し、2億5,000万年かけて銀河を1周しています。

今の太陽系の位置を前回通過したタイミング、つまり2億5,000万年前は三畳紀と呼ばれる時代でしたので、恐竜が出現するかどうかというタイミングです。

Y-bow

そして次にこの場所に戻ってくる頃には、、、それまでこの記事がどこかに存在していたら、感動ものです。

未来の人類、或いはどこかの知的生命体に読んで頂きたい。この文明レベルが極めて未熟な時代の人間のブログというものを。。。

そしてこの1周2億5,000万年の旅路には大きな不思議が隠れています。

太陽系が銀河の辺縁を移動している速度は、実は天の川銀河を構成する他の恒星達が移動している速度とほぼ一緒です。

太陽系の中で見れば公転軌道が内側の惑星ほど速度が速いのですが、銀河になるとそうはなっておらず、これは未だに謎のままです。

ダークマターやダークエネルギーによるものと想定されていますが、観測出来ないものですので未だ明らかになっていません。

私たちもきっと知らず知らずのうちにダークマターの海を突っ切っているのでしょう。

この現象は『銀河の回転曲線問題』として知られています。以下の記事に詳しくまとめていますので、ぜひ見てみて下さい。

銀河の運動

さて話を戻して、さらにもう一つ動画を紹介します。

こちらは前の2つに比べて単純かつ短い動画です。

内容は、地球や太陽、銀河の運動速度を見易く比較したものです。

先ずはご覧ください。

天の川銀河は秒速600kmで突進中

地球の自転速度:時速1,670km
地球の公転速度:時速107,000km
太陽の公転速度:時速828,000km(秒速230km)
銀河の移動速度:時速2,160,000km(秒速600km)

想像が付きませんが、とにかくスケールがとんでもなく大きいことだけは分かります。

Y-bow

こんなとんでもない世界にあって、地球上はなんと平穏なことでしょう。正に奇跡としか言いようがありません。

光の速度は秒速29万9,792.458kmですから、それと比べると銀河の速度も遅く感じるかもしれませんが、とんでもない速度です。

光の速度と比較できるレベルというだけで凄い。

ここまで読んで頂いたあなた自身も、今この瞬間、この速度で宇宙を突き進んでいる最中という事です。

太陽系の壮大な旅路:まとめ

平穏な地上で生活していると、地球はあって当たり前、地表は生活に適した空間であり続ける、と錯覚してしまいます。

しかし宇宙は圧倒的な時間スケール、圧倒的な空間スケールで今なお膨張し続け、地球/太陽系/銀河もろとも凄まじい速度で移動を続けています。

今、こうしてこの記事を読まれている間にも、螺旋運動を続ける太陽系を引き連れながら毎秒600kmの速度で天の川銀河は宇宙を移動しているのです。

そんなことに想いを馳せていると、日常の悩みなどどんなことも些細なことに思えてきてしまいます。

地球という、少なくとも我々生き物たちには恵まれた環境が存在するこのタイミングに、生まれたことは皆幸せなことです。

\宜しければ是非シェアを/
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two × 3 =

目次
トップ
目次
閉じる